相続に関すること⑬

本日は曇り空で、

肌寒い日となっております。

 

親のもしものときは突然やってきます。

そんなときに慌てないように、

必要な手続き・手配することについてご紹介します。

 

親が亡くなると、

さまざまな手続きに追われます。

近しい親戚に連絡したら、

通夜や葬儀の手配をします。

役所に、死亡届(死後7日以内)を出し、

火葬許可申請書をもらいます。

 

厚生年金受給停止(死後10日以内)または

死後14日以内に国民年金受給停止および

国民健康保険の資格喪失・保険証の返納も済ませます。

速やかに

健康保険の資格喪失、

介護保険資格喪失届、

住民票抹消手続き、

世帯主ひ変更届、

遺言書の検認、

公共料金の解約または名義変更、

携帯電話・インターネットの解約、

クレジットカードの解約、

パスポートの返納、

車の名義変更・免許証の返却・・・・・・

 

こうした手続きと同時に

「相続」についても考えなくてはなりません。

親が亡くなった日が相続開始日となるため、

相続人と相続財産をおおまかに把握し、

相続放棄する場合は3ヶ月以内にしなければなりません。

 

故人が自営業などの場合の所得税の準確定申告は、

死亡から4ヶ月以内にすませなければなりません。

 

やることが多すぎて、

悲しんでいる時間がない・・・(>_<)

なんて声も聞こえてきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^ ^)/~

 

 

 

 

 

“相続に関すること⑬” への1件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中