後見(こうけん)について⑥

本日もいいお天気でした☀

成年後見制度を大きく分けると

「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあり、

次は任意後見制度についてです。

  任意後見制度

本人が十分な判断能力があるうちに、

将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、

あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に、

自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について

代理権を与える契約(意後見契約)を

公証人の作成する公正証書で結んでおくという制度です。

そうすることで、

本人の判断能力が低下した後に、

任意後見人が、任意後見契約で決めた事務について、

家庭裁判所が選任する「任意後見監督人」の監督のもと

本人を代理して契約などをすることによって、

本人の意思にしたがった適切な保護・支援をすることが可能になります。

次回へ続きます!

本日もお疲れ様でした(^ ^)/~

帰宅する際の運転

本日はいいお天気でしたが、

だんだんと雲が広がってきました☁

日が長くなり、

外はまだ明るく

えっ!!もうこんな時間?!とびっくりしています(^^)

「早く帰りたい!」という気持ちで

車のハンドルをに握っている時もあり、

また、夕暮時は

歩行者や自転車の発見が遅くなるので

十分気をつけて運転したいと思います!

本日もお疲れ様でした(^^)/

公判期日が決まりました!

本日もいいお天気でした☀

空の青さが濃くなってきたように感じます(^ ^)

裁判所から

新型コロナウイルスの影響で

公判期日が延期されていた件について連絡があり、

期日が決まりました!

ようやく以前のような生活が戻ってきたのかなぁと

感じた日となりました。

本日もお疲れ様でした(^^)/

後見(こうけん)について⑤

本日もいいお天気です☀

 法定後見制度

「後見」「保佐」「補助」の補助についてお話します!

【 補助】は、

判断能力が不十分な方を対象としています。

軽度の精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により、

判断能力が不十分な方を保護・支援するための制度です。

「判断能力が不十分な状態」とは、

基本的に日常的なことは自分でできますが、

一人では難しいことや苦手なことがいくつかあり、

それについては他者の援助を必要とする状態にあることを意味しています。

日常生活については特に問題ない場合が、

被補助人(本人)が一人で行うのは難しい事柄について、

補助人に必要な範囲で個別に権限を与えて、

被補助人を支援することを重視しています。

自己決定の尊重の観点から、

被補助人が日用品(食料品や衣料品等)の購入など

「日常生活に関する行為」については、

補助人の同意は必要なく、取消しの対象にもなりません。

補助人は、もともと被補助人(本人)に代わって法律行為を行う権利(代理権)や

同意権などの権限を一切持っていません。

なので、それらの権限が必要な場合は、

家庭裁判所に権限付与の申立てを行う必要があります。

(この申立ては、補助開始審判の申立てとは別のものです。)

本日もお読みいただきまして、ありがとうございます!

次回へと続きます(^^)/~

後見(こうけん)について④

本日もいいお天気で

気温も28℃まで上昇しましたが

少し冷たい風が吹いていました!

 法定後見制度

「後見」「保佐」「補助」の保佐についてお話します!

保佐】は、

判断能力が著しく不十分な方を対象としています。

精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により、

判断能力が著しく不十分な方を保護・支援するための制度です。

「著しく不十分」な状態とは、

日常的な買い物などはできても、

重要な法律行為

(不動産取引、お金の貸し借り、遺産分割協議など)については、

他者の援助を必要とする状態にあることを意味しています。

そのような重要な法律行為を保佐人が法的に支援することによって、

被保佐人(本人)を保護することを重視しています。


被保佐人が保佐人の同意を得ないでした行為について、

それに失敗したときは、

被保佐人(本人)または保佐人が

その契約等を後で取り消すことができます。

ただし、自己決定の尊重の観点から、

被保佐人が日用品(食料品や衣料品等)の購入など

「日常生活に関する行為」については、

保佐人の同意は必要なく、取消しの対象にもなりません。

被保佐人(本人)に代わって法律行為を行う権利(代理権)はなく、

代理権が必要な場合は、

家庭裁判所に申し立てれば、

必要な範囲で代理権を持つことができます。

(この申立ては、保佐開始審判の申立てとは別のものです。)


本日もお読みいただきまして、ありがとうございます!

次回へと続きます(^^)/~

後見(こうけん)について③

本日も快晴です☀

続けて31℃まで気温が上昇し、

夏を感じています!

 法定後見制度

「後見」「保佐」「補助」の後見についてお話します!

後見 】は、

判断能力が欠けているのが通常の状態の方を対象としています。

精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)によって

判断能力が欠けているのが通常の状態にある方を

保護・支援するための制度です。

判断能力がほとんど失われてしまうと、

日常生活を営むことすら困難になる場合が多くなります。

そのため、生活全般にわたって

成年後見人が成年被後見人(本人)を広範囲に保護します。

成年被後見人の財産を管理し、

成年被後見人のために介護サービス契約を締結するなど、

成年被後見人のために成年被後見人に代わって法律行為をする権限が与えられています。

ただし、自己決定の尊重の観点から、

成年被後見人が日用品(食料品や衣料品等)の購入など

「日常生活に関する行為」を除き、

すべて取り消すことができます。

例えば、成年被後見人が不動産を購入しても、

それを後から取り消すことができるわけです。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございます!

次回へと続きます(^^)/~

後見(こうけん)について②

本日は快晴です☀

気温31℃まで上がり真夏日となりました!

前回の続きです!

成年後見制度を大きく分けると

「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。

 法定後見制度

後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、

判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べます。

(1)本人の判断能力が全くない場合→「後見」
(2)本人の判断能力が特に不十分な場合→「保佐」
(3)本人の判断能力が不十分な場合→「補助」

家庭裁判所に後見開始および後見人選任の申立てを行い、

家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)を決定します。


家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等が

本人の利益を考えながら、

本人の代理して契約などの法律行為をしたり、

本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり、

本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を

後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございます!

次回へと続きます(^^)/~

今月もありがとうございます!

本日もいいお天気で、

気温も27℃まで上昇しました☀

おかげさまで

本日も無事に月末を迎えることができました!

これも皆さまのおかげです(*^^)

誠にありがとうございます!!

来月も頑張って参りますので、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

良い週末をお過ごしください(^ ^)/~

後見(こうけん)について

本日は気持ちのいいお天気でした☀

お客さまからご依頼があり、

「任意後見契約」を進めておりました。

先日、無事に

任意後見契約を結ぶことができました。

そこで任意後見契約についてお話していきますが、

はじめに、後見(こうけん)についてです。

法律上の後見には、

後見人に財産管理や日常取引の代理等を行ってもらうことによって、

保護を必要とする人を守る制度をいい、

平成12年4月から「成年後見制度」が始まりました。

成年後見制度は、

認知症、知的障害、精神障害などの理由で

判断能力が不十分な方々を保護し、支援する制度です。

成年後見制度を大きく分けると

「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。

次回へ続きます!

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします(^ ^)/~

前進!!

本日は曇り空です☁

お昼頃には一時雨となりました(> <)

昨日はいいお天気だったので、

気持ちのいい日が続いてくれると嬉しいです!

今年の目標としていることが

前進ししようとしています٩( ‘ω’ )و

この仕事に携わったことにより、

多くの方と接する機会を頂き、

みなさまの知識や経験を学ばせていただいております。

本当にありがとうございます。

おかげさまで

今年の目標としていたことが前進し、

これから実現していくことが楽しみです♪

この目標が達成できれば、

今後の人生において

大きなきっかけになると思います!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

本日もお疲れ様でした(^ ^)/~