相続に関すること⑰

本日は雲が多く、

時折青空が見えています(^^)

 

遺言書がなかった場合は、

配偶者や子どもなどの法定相続人が、

自分たちで遺産を分割することになります。

法律で定められている法定相続人の取り分「法定相続分」に従って

分けるのが原則となります。

中田司法書士事務所ホームページ - 相続について  にて

図で掲載しております(^^)/

1.相続人が配偶者の場合、すべて配偶者が相続する

2.相続人が配偶者と子どもの場合、

配偶者2分の1

子ども(2人以上のときは全員で)2分の1

3.相続人が配偶者と直系尊属(被相続人の親・祖父母・曽祖父母)の場合、

配偶者3分の2

直系尊属(2人以上のときは全員で)3分の1

4.相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、

配偶者4分の3

兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)4分の1

 

相続人同士の話し合いで円満に分割できるようであれば、

必ずしも法定相続分のとおりに分けなくても問題ありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます(^ ^)/~

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中