相続に関すること㊺

本日は雲が広がっていましたが、

だんだんと青空が見えてきましたよ(^^♪

 

遺言書作成のご依頼が増えています!

公正証書遺言を作成される方もいらっしゃいますが、

自筆証書遺言を考えている方からのご相談も増加しております。

改めて遺言書作成について勉強させていただいております。

『遺言』というと

一般的には

「死後のために生前に言い残しておく言葉」という意味に用いられ、

「ゆいごん」と読んでいます。(←私も「ゆいごん」と読んでいます。)

しかし、

法律上では

「いごん」と読み、

「自己の死亡後に法律上の効力を生じさせる目的で

一定の方程式に従ってなされる単独の意思表示」

という意味で用いられます。

法律的に有効になる遺言にするためには、

民法の規定に沿った遺言書を残さなければならず、

残す内容についても法律に基づいた決まりがあります。

 

次回はこの続きをお話したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます(^ ^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中