後見(こうけん)について㉒

本日は久しぶりに快晴でした☀

夕方には少しずつ雲が見えるようになってきましたが、

いいお天気でした♪

 

 

前回の続きです!

任意後見契約の内容を変更することもできます。

 

〇その他の契約内容の変更について

代理権に関する内容以外の変更となるため、

新たに任意後見契約を締結し直す必要はなく、

公正証書による変更契約をします。

予め、「報酬額の変更について、

事務量や経済状況の変動に従って

報酬額を変更することができる」等の

特約をしておくことをおすすめします。

 

また、任意後見契約が発効後は、

本人の判断能力の低下しているため、

任意後見契約の変更は困難な場合があります。

 

 

次回へ続きます!

 

今週もお疲れ様でした(^ ^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中