司法書士のお仕事について③

本日は曇り空でしたが、

雲の隙間から青空を見ることもできました(^^)

  

  

前回の続きです!

 

☆相続・遺言に関する業務☆

 不動産の相続登記申請、

 相続人の調査、

 相続情報一覧図の写しの交付の申出の代理、

 遺産分割協議書の作成、

 家庭裁判所への相続放棄などの

 申立書の作成を行うことができます。

  

身内の方が亡くなられた場合、

被相続人(亡くなられた人)の大切な遺産について、

誰がどの財産を相続するかを決め、

相続人の名義に変更する必要があるため、

相続による不動産の名義変更(相続登記)の申請をいたします。

  

これに付随する業務として、

相続人の調査(戸籍の収集や相続関係説明図の作成)、

相続情報一覧図の写しの交付の申出の代理、

遺産分割協議書(誰がどの遺産を相続するかの

話し合いの結果をまとめた書面)の作成を行っています。

  

また、財産よりも負債の方が多い場合などに

遺産を一切相続しない手続(相続放棄)、

相続人の中に未成年者がいる場合の手続

(特別代理人の選任申立)、

相続人の中に行方不明者がいる場合の手続

(不在者の財産管理人の選任申立)、

遺産相続で争いになってしまった場合の手続

(遺産分割調停の申立)などに必要となる

家庭裁判所に提出する書類の作成を行っています。

  

ほかにも、遺言の作成に関する相談、

自筆で書いた遺言書が見つかったときに行う手続

(遺言書の検認申立)、

遺言の内容を実現する人(遺言執行者)を選任する手続に関する

書類の作成も行います。

   

大切な遺産を承継するお手伝いをし、

円満な相続の実現に貢献しております。

お困りごと、お悩みごとがございましたら、

お気軽にご相談ください!

  

今週もお疲れ様でした(^ ^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中