BLOGブログ

2020年08月24日

司法書士のお仕事について⑤

外国人の在留資格等関係 業務関係 農地関係・許認可手続関係


  





本日はいいお天気でした☀





  





前回の続きです!





☆債務整理に関する業務☆





 多重債務問題を解決するため、





 任意整理や過払い金返還請求の交渉等、





 自己破産・個人再生の手続きに関して、





 裁判所へ提出する書類作成を行ないます。





 





何社もの消費者金融やクレジット・カード会社から借金をして





その返済ができなくなった方を対象に、





これらの会社との個別交渉や裁判所への法的な手続きを通じて





借金の返済の負担を軽減し、





経済的に立ち直る手助けをするため、





・任意整理





貸主と交渉し、余裕のある返済が可能となるように、





和解を行います。





・不当利得返還請求(過払い金返還請求)





利息を多く払い過ぎていたときに、





裁判手続及び裁判外の交渉を通じて、





払いすぎた金額の返還請求を行います。





※ ただし、司法書士が代理人として行う場合は、





簡裁訴訟代理関係業務の認定を受けた司法書士が、





簡易裁判所において代理することが認められた範囲





(訴額140万円以下)に限り行うことができます。





弊所は、簡易訴訟代理関係業務認定を受けております。





お困りの方は、お早めにご相談ください。





  





また、財産の処分を通じて清算を行い、





債務の支払につき免責を得る『破産手続』や、





一定の条件のもと、





裁判所の認可を受けた返済計画(再生計画)に基づいて





返済を行うことにより、





本来支払うべき債務の減額を行う『個人再生手続』について、





裁判所に提出する書類作成を行ないます。





 





本日もお疲れ様でした(^ ^)/~


SHARE
シェアする

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0155-66-7536