スタッフブログ:遺言について⑨

本日は曇りが広がっていますが、

雲の隙間から

青空が見えるようになってきました☁

         

     

引き続き、

特に遺言が必要な場合についてです!

           

その他にも、

相続人の間で紛争が予測される場合、

相続人が多い場合、

相続人が外国に居住している場合、

行方不明の相続人がいる場合、

遺産を残したくない相続人がいる場合、

財産のほとんどが持ち家(不動産)の場合、

相続権のない孫(婿、嫁、知人、友人等)に遺産を贈りたい場合、

身体障害者である子どもにより多くの遺産を遺したい場合、

内縁の妻の子どもを認知したい場合、

遺産を公益事業に役立てたいと考えている場合など

あらかじめ遺言で、

相続人の遺産の配分方法や

相続人以外に特定の人や団体に遺産を贈ることを

はっきりと決めておくことが必要です。

       

次回へ続きます!

        

本日もお疲れ様でした(^ ^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中