遺言について⑱

           

 

本日は雨です🌂

気温も下がっており、

ストーブを付けようか迷います(> <)

             

前回の続きです!

                 

法律は、

遺言について厳格な方式を定めています。

同時に、なるべく遺言しやすいよう

①公正証書遺言

②自筆証書遺言

③秘密証書遺言 の方式を定めていおり、

最も多く利用されているものは、

公正証書遺言と自筆証書遺言です。

   

                           

①公正証書遺言の作り方についてお話します。

       

公正証書遺言とは、

公証役場で公証人に作成してもらう遺言です。

この遺言方法は、最も確実であるといえます。

          

 公証証書遺言は、

下記の方式に従わなければなりません(民法696条)。

  1.証人2人以上の立会いのもと

  2.本人(遺言者)が遺言の趣旨を公証人に直接口頭で伝え、

  3.公証人が本人(遺言者)の口述を筆記し、

    本人(遺言者)と証人に読み聞かせるまたは閲覧させ、

  4.本人(遺言者)および証人が筆記の正確なことを承認後、

    各自署名押印

  5.公証人は、この証書は方式に従って

    作成したものである旨を付記し署名押印

              

公正証書で遺言するには

遺言する本人が公証役場に行って、

公証人に対して、

自分が考えている遺言の内容を直接告げます。

公証人は、

本人の精神状態が正常であることを確認した上、

本人が告げた内容を

法律的に間違いがないようにまとめて

書面(公正証書)にしてくれます。

本人の精神状態が正常であることが必要ですから、

病気などにより、

判断能力や表現能力が衰えてしまったあとでは、

遺言することはできなくなりますので、

元気なうちに遺言の作成をおすすめします。

遺言内容についてのお悩み事などございましたら、

お気軽にご相談ください(^^)

          

なお、遺言者本人が病気などで

公証役場へ行けないときは、

公証人が自宅や病院まで出張してくれます。

           

次回へ続きます!

   

   

良い休日をお過ごしください(^^)/~

          

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中