遺言について㉒

           

本日はいいお天気でした☀

       

    

前回の続きです!

         

遺言者が死亡し、

遺言の効力が生じた後に

遺言の内容をその通りに実行することを

「遺言の執行」といいます。

 

遺言の執行の段階となったとき、

遺言者はすでに亡くなっていますから、

遺言者に代わって遺言を執行する人が必要になります。

この遺言を執行する人として

「遺言執行者」を指定することができます。

         

遺言執行者は、

遺言書の内容に沿って、

相続人の相続割合や分割の方法等を指定し、

実際に遺産を分配します。

不動産の所有権移転登記の申請、

預貯金の払出し、金銭の支払い等を行うこともあります。

場合によっては、金銭化のために

不動産を売却する等の処理もあり、

重要な役割を果たしてくれます。

  

次回へ続きます!

    

今週もお疲れさまでした(^^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中