遺言について㊵

         

本日も少し雲の多めの空模様でしたが

晴れ間が続いています☀

       

前回の続きです。

 

遺言者は、いつでもその遺言を

撤回したり、変更することができます。

        

遺言書を作成したあとで遺言者をめぐる周囲の事情や、

遺言者自身の心境にいろいろと変化があることは当然です。

このような場合には、

後日遺言書を作成することによって、

先にした遺言を自由に撤回したり、

変更したりすることができます。

一度遺言をしたからといって、

一生涯それに拘束されることはありません。

遺言の効力が生じるのは遺言者が死亡した時点ですから、

それまではいつでも何度でも変更できます。

遺言者の最終の意思が尊重されます。

           

遺言書の作成方法の違いにより、

撤回や変更の方法に違いがありますので、

次回へ続きます!

     

本日もお疲れさまでした(^^)/~

   

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中