遺言について㊷

        

本日もいいお天気となりました☀

     

              

前回の続き

自筆証書遺言の撤回・変更の方法についてです。

           

遺言の一部を撤回・変更をすることもできますが、

撤回・変更する場所をきちんと特定させ、

その場所には訂正を押し、

遺言書の余白に新しい内容を記載して署名します。

        

      

 自筆証書中の加除その他の変更は、

 遺言者が、その場所を指示し、

 これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、

 かつ、その変更の場所に印を押さなければ、

 その効力を生じません。( 民法968条2項)

   

   

これらの訂正の要件を満たさない場合、

遺言書全体が無効となるわけではなく、

訂正が無効となります。

つまり、訂正は無かったものとされてしまいます。

   

また、一部の撤回・変更は、一歩間違えると

遺言者の意思とは異なる内容となる危険性ががありますので、

ご注意ください。

       

次回へ続きます!

           

また明日からお仕事頑張ります(^^)/~

            

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中