遺言執行者について③

   

本日は雨が降ったり止んだりを

繰り返しています☔

   

   

前回の続きです!

   

遺言執行者は、未成年者・破産者はなれません。

   

  民法第1009条  遺言執行者の欠格事由

  未成年者及び破産者は遺言執行者となることができない。

   

つまり、遺言執行者は、未成年者・破産者でなければ

「遺言執行者になれる」ということです。

相続人の誰かでも、

信頼できる第三者でも、数人選んでも構いません。

しかし、遺言執行者は

いつでも誰でもできるわけではありません。




次回へ続きます!



良い週末をお過ごしください(^^)/~~~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中