遺言執行者について④

   

本日もいいお天気でしたが、

夕方には雲が一面に広がり、雨が降りました☂

  

前回の続きです!

  
遺言執行者はいつでも誰でもできるわけではありません。

  

遺言執行者は
①遺言で指定する
②「遺言執行者を指定する人」を指定する
③遺言者死亡後、家庭裁判所にて選任してもらう
  (遺言執行者の選任の申立て)  
の方法で指定・選任しなければなりません。

 

  第100民法6条  遺言執行者の指定

 

  遺言者は、遺言で、


  一人又は数人の遺言執行者を指定し、


  又はその指定を第三者に委託することができる。

 

 

  民法第1010条  遺言執行者の選任

 

  遺言者執行者がいないとき、

  又はいなくなったときは、

  家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、

  これを選任することができる。

 

 

次回へ続きます!

 

良い連休をお過ごしください(^^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中