遺言について㉕

          

本日は昨夜から雨が降り続いていましたが、

お昼頃にはすっかり晴れました☀

           

前回の続きです!

     

遺言執行者は、

必ず定めなければならないものではありませんが、

子の認知や推定相続人の廃除・取消し等、

遺言執行者を指定しなければ

執行することが出来ない手続きもあります。

家庭裁判所を介さずに、

相続人等が勝手に遺言執行者を選任することはできません。

           

また、利害関係のある相続人により

遺言を執行しようとした場合には、

遺言書の適正な実現がなされず、紛争になる恐れがあります。

そこで、司法書士などを遺言執行者に指定しておくことで、

遺言者の意思に沿った財産継承を

迅速かつ簡明に実現することができ、

相続人間の無用な紛争を防止することができます。

  

次回へ続きます!

    

本日もお疲れさまでした(^ ^)/~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中