遺言について㊱

  

本日は快晴☀ですが、

今朝は気温が下がりとても寒かったです(> <)

  

前回の続き、

③秘密証書遺言の作り方についてです。

         

秘密証書遺言は

「証書に署名し押印」すれば、

自筆証書遺言のように自書である必要はなく、

他人に書いてもらってもよいし、

パソコン(ワープロ)を使用して作成もしてもよいのです!

(※署名だけはご自分で書かなければなりません。)

  

しかし、自筆での作成をおすすめします!

なぜなら、遺言書が秘密証書遺言の作成要件を守れず

無効となっても、

「自筆証書遺言としての要件を兼ねていたなら

遺言書として有効になる」からです。

  

  秘密証書による遺言は、

  前条(民法第970条秘密証書遺言)に定める方式に欠ける

  ものがあっても、第968条(自筆証書遺言)に定める方式を

  具備しているときは、自筆証書による遺言としてその効力を

  有する。(民法第971条)

         

次回へ続きます!

    

今週もお疲れさまでした(^ ^)/~

        

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中