遺言について㊲

       

本日もいいお天気です☀

秋晴れが続いています🍂

        

前回の続き、

③秘密証書遺言の作り方についてです。

             

できあがった遺言書に署名押印し、

これを封筒に入れて密封し、

遺言書に押した印鑑と同じ印鑑で封印します。

          

遺言に署名押印が無い場合、

遺言内の印影と封筒の封印の印影が異なる場合は、

秘密証書遺言は無効になってしまいます。

       

その封筒(遺言書)を公証役場に持参し、

2人以上の証人に立ち会ってもらって、

その封筒の中身が自分の遺言であること、

その遺言を書いたのは誰であるのか、

その住所・氏名をを述べます。

公証人は差し出された封筒に日付を記入し、

さらにこれに遺言者、証人、公証人それぞれが署名押印して、

その封筒(遺言が入った)を返してもらいます。

 

もし、作成した遺言書に日付の記載が遺言になかったとしても

封筒に公証人が日付を記載するので、

作成した遺言書内に日付が無いからといって

遺言が無効になることはありません。

  

次回へ続きます!

  

 

明日からお仕事頑張ります(^ ^)/~

   

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中