遺言について㊴

      

本日もいい天気です☀

穏やかな一日となりました(*^^)v

 

前回の続きです。

       

秘密証書遺言の作り方についてお話してきましたが、

遺言書の内容を誰にも知られなくて済み、

遺言書が存在することを証明してもらえるため

相続人に発見される可能性が高まります。

さらに、公証役場にその記録が残りますので、

後日検索が可能になります。

         

ただ、秘密証書遺言の利用が少ない一番の理由が

「無効」になるリスクがあるためです。

公証役場に行って証明されるのは

「遺言書が存在したこと」であり、

「その内容が有効であること」は担保してもらえないため、

いざ遺言を実行する際に、

方式が間違っていて無効になってしまう・・・

というリスクがついて回ります。

公正証書遺言をした方が

はるかに確実であり、安全といえますね。

    

次回へ続きます!

  

本日もお疲れさまでした(^ ^)/~

  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中