遺言について(57)

                    

本日もいいお天気となりましたが、

吹き抜ける風は冷たいです(> <)

          

              

前回の続きです!

  

あらかじめ遺留分を考慮したうえで、

遺言書を作成しておくことが賢明です。

             

また、近年では、さまざまな方法で

生前贈与を行う人が増えいます。

相続人になる人へ贈与された財産は、

実際に相続が開始したの際の

遺留分侵害額請求の対象とされる可能性があります。

相続人間の不公平からトラブルが発生しやすく、

せっかく生前贈与をしたとしても、

その一部が、他の相続人へ

持っていかれてしまうことがありうるのです。

           

生前贈与をされる場合にも、

遺留分として確保しておくべき財産額を

計算しておくことが大切です。

           

        

本日もお疲れ様でした(^^)/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中