相続に関すること⑤

雨の次の日の朝が晴れていると、

空気がきれいになった気がして好きです(*^^*)

 

相続に関すること④ でご紹介した

「成年後見制度」は、財産保護が目的です。

〝被後見人保護の趣旨に反することには、

お金は使えない〟という決まりになっています。

そのため、

たとえ子どもが親の後見人になったあと、

相続対策のため

親のお金で不動産の売買などの行為は許されません。

親が保有している不動産物件の利回りが悪く、

売却した方がいいと思っても、

成年後見人が売却するためには

裁判所の許可が必要となってきます。

「将来、不動産の管理は任せるよ」と口約束だけでは、

子どもが親の存命中に親名義の不動産を

管理・処分することはできません。

子どもが財産管理をしたい場合、

子どもが親の事業(アパート経営など)を引き継ぎたい場合 などは

「民事信託」の一つとして

『家族信託』の制度を検討してみてください。

 

『家族信託』は、

財産を持っている親が、

子どもに財産の管理・処分などの権限を託す仕組みです。

30年先の契約まで交わせるので、

まだ元気なうちから

認知症などで判断能力が低下したときのためのに対策できます。

『親(委託者)から子ども(受託者)に財産を託した』と

証明する契約となります。

この家族信託を利用すれば、

認知症で老人ホームに入居することになり、

まとまったお金が必要になったとき、

親の不動産を売却して資産を作ることなども可能となります。

 

さらに、

子どもの財産管理によって生じた利益を

親が受取人(受益者)になるようにしておく。

この契約どおりに資産管理しているかどうかを見守る「信託監督人」を

あらかじめ定めることもできますので、

安心して財産管理を任すことができるます!

 

本日も最後まで読んできただき、ありがとうございました(^ ^)/~

 

 

6月も残り半分

本日は雨ですねぇ~

雨予報だったので、

昨日のうちに帯廣神社へ(^ ^)

境内の木々の葉が

色濃くなっていました!

 

今月も残り半月ですね♪

また明日から頑張りましょう(^ ^)/~

相続に関すること④

明日は父の日ですね(^ ^)

準備しましたか?

 

早めの相続対策をおすすめます!

なぜかというと・・・

認知症になったら、手遅れだからです!

認知症になると相続対策ができなくなります。

認知症患者の『法律行為』・『相続対策』が

無効になります。

法定後見制度では相続対策ができません。

 

法定後見制度は成年後見制度の1つです。


【 成年後見制度 】

認知症などで判断能力が充分でない人が

不利益を被らないよう、

法的に〝その人を援助する人(後見人)〟を

決めておく制度です。


 

法定後見制度は、

親などがすでに判断能力が不十分と判断されたときに、

子どもなどの近親者が

家庭裁判所に申し立てをするものです。

後見人は裁判所で選任され、決定します。

 

法定後見制度が〝認知症になった後の対策〟であるのに対し、

任意後見制度は、

自分が元気なうち(判断能力が不十分になる前)に、

本人の意思によって

「誰を後見人にするか」

「後見人にどんな権利を与えるか」を決めて、

あらかじめ契約しておくものです。

(手続きには公証役場にて公正証書を作ります。)

少し認知症の症状が見られるようになった、

家庭裁判所へ申し立てを行ない、

任意後見監督人が選任され、任意後見が開始します。

 

ご注意する点があります!!

悪徳商法被害にあった場合です。

法定後見人には取消権があり、

詐欺被害で不要なものを買ったしまったら、

契約を取り消しできます。

しかし、

任意後見人にはこの権利がありません。

詐欺被害にあわないように、

ATMの利用限度額を下げる、

固定電話にナンバーディスプレイ機能をつけ、

知らない番号の時は出ない などの

事前に対策を考える必要があります。

 

相続対策のご参考にしてください(^_^)/~

相続に関すること③

本日はだんだんと雲がなくなり、

気持ち良く晴れています(^^)

 

では、

遺言書を作成についてお話します。

遺言書には3種類があります。

①自筆証書遺言・・・自分1人で自宅でも作れる簡易なもの。

②公正証書遺言・・・2人以上の証人の立会いの下に作成するもので、

原本は公証役場に保管されます。

③秘密証書遺言・・・公証役場で作成するが、内容は秘密にできるもの。

ただし、記入漏れなどのミスがあると法的な強制力が発揮できないリスクがあります。

一般によく活用されているのは、

①自筆証書遺言と②公正証書遺言です。

 

自筆証書遺言は比較的手軽に作成できます。

一度書いておけば、

後に考えが変わったとしても、また書き直せますが、

公正証書遺言を作成することをおすすめします。

 

自筆証書遺言は、

本人の死後、家庭裁判所での検証が必要となってきます。

遺言書の存在や内容を秘密にできますが、

遺言書そのものが発見されない場合があります。

書き上げた自筆証書遺言を公正証書遺言へ!

 

作成時には遺言書の専門家である公証人がかかわるため、

形式上の不備が生じて、

遺言書が無効になるというリスクを回避できます。

原本は公証役場にて保管するため、

写しを紛失しても遺言書が消えるわけではありません。

その遺言書で不利益を被る人により書き換えられたり、

破棄されないということもありません。

また、公正証書遺言は

病気などで遺言書を自分で書くことができない状態でも、

遺言を作成できます。

公証人が自宅や病室まで出張してもらうことも可能です!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^_^)/~

 

相続に関すること②

本日も穏やかな日和です(^-^)

 

相続・贈与は、

何から始めてよいのかわからない・・・と

思う方がほとんどだと思います。

 

不動産の名義変更はどうするの?

預貯金の名義変更や解約は必要なの?

生前贈与は誰にでもできるの?

相続税はどのくらいかかるの?

わからないことが多いと思いますので、

ますば知ることから始めてみましょう!

 

前回の相続に関すること①にて、

相続対策が必要とお伝えしました。

では、相続前の事前準備についてお話します!

 

相続対策として、

『遺言書』を作成することをおすすめしていますが、

自分の死後を想定しながら

相続について考えることになってしまいます。

それぞれの財産を誰にどの程度遺すのか、

処分する場合はどれをいつまでにどのようにするのか、

一つずつ決めていかなくてはなりません。

財産がすべて現金ならば、

法定相続分できちんとわけることができます。

中田司法書士事務所ホームページ-相続についてにて

配分の割合をご確認ください。)

実際には、

自宅不動産など現金以外の財産をお持ちのはずです。

冷静に物事を決めて「遺言書」を作成する前に、

エンディングノートを活用してみてはいかがでしょうか?

終活ブームの影響で、

書店にはさまざまなタイプの

エンディングノートが売られています!

自分史、家族・親族に対するの想い、

財産などに関する情報、

介護が必要になった時の希望、

葬儀に対する希望 などを記入するようになっています。

 

当事務所では、

いまの自分を見つめ直し、

自分の『心』・『想い』を整理し、

大切な方へ伝えるため

『想いをつなぐリレーノート』を作成しています。

ご希望の方がお問い合わせください(^_^)/~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相続に関すること①

本日は雲が多い空模様ですが、

過ごしやすい気温で穏やかな気分です(^^)

 

登記業務(不動産・会社・法人)の手続き以外にも、

相続(遺産分割・遺言)に関すること業務も行っております。

(業務内容については、

中田司法書士事務所のホームページをご覧ください。)

 

みなさんは『相続』といえば、

何を思いますか???

 

「お金持ちの方の起こる問題」

「テレビドラマのように多額の遺産を巡っての骨肉の争い」と

一般の家庭には関係ないように思いませんか?

実際に起こっている相続トラブルは、

遺産総額5,000万円以下の方、

すなわち大多数の一般家庭で起こり得るといわれています。

 

なぜ、一般家庭の方に相続トラブルか起こるでしょうか?

資産が多い方は、相続税も含め、事前の対策をしています。

ですが、

一般の方は、「大した財産もない」

「うちの家族は仲が良いかた問題なんて起こらない」

「自分の死後のことを考えるなんて・・・」と感じ、

何も事前準備や対策をしていない方がほとんどです。

その結果として

『争続(そうぞく)』を生みだしてしまいます。

「自宅不動産と少しの現預金」の相続が

一番揉めるといわれていますので、

相続対策が必要です!!

 

少しでも相続・贈与対策に不安がある、

何から始めていいのかわからないと感じている方の

お手伝いができればと思っております(^^)

次回から、

「相続に関すること」について詳しくお話しますので、

よろしくお願いいたします(^ ^)/~

 

 

 

 

 

赤いサイロ

昨日はブログをお休みしてしまいました(´・ω・`)

 

平日ではないとできない手続きってありますよね?

今回、実家へ帰省したのは、

行政機関にて変更手続きをするため前乗りしました。

変更手続き完了。

お土産に『赤いサイロ』をGetし、

無事に帰宅しました(*^^*)

お一人様10個までと制限がありましたが、

久しぶりに食べた

地元の味に懐かしさを感じました!

 

全国的に有名になった『赤いサイロ』は

もう召し上がりましたか??

 

本日から

また、お仕事頑張ります٩( ‘ω’ )و

 

 

休日

近所の小学校で

運動会を開催しています(^^)

みんな頑張って(^^)ノ″

 

本日は、実家へ帰省するので

ドライブを楽しみたいと思います♪

日曜日で交通量が多いと思いますので、

みなさんも気を付けてください!

 

久しぶりに両親と夕食を楽しみます♪

みなさんもよい一日をお過ごしください(^_^)/~

不動産の登記簿請求について③

本日はお休みなので、

のんびり過ごしております(^^♪

 

司法書士事務所の多くは、

不動産登記・商業(法人)登記の

登記事項証明書等の請求について、

登記所又は法務局証明サービスセンターの窓口、

郵送でも交付請求できますが、

インターネットを利用して

オンラインにて交付申請をしていると思います。

 

事前に請求手続きをすれば、

時間短縮ができますし、

インターネットバンキングで電子納付した方が、

手数料も安くなります。

 

また、登記情報提供サービスも利用できるので、

請求した時点の登記の内容を確認することができます。

登記所が保有する登記情報と同じ情報で、

「閲覧」と同等のサービスを受けることができます!

(もちろん、手数料はかかります。)

不動産の登記簿請求について②を読んでくださった方なら

気付いていただいたと思います!!

登記事項要約書と同じではないか??と(^^)

(個人的な意見ですが、

登記内容のことだけを言えば、

登記事項要約書より登記事項証明書に等しいと思います。)

 

登記所又は法務局証明サービスセンターの窓口へ行かずに、

登記内容が確認できることをお伝えしました(^^)/