相続に関すること①

本日は雲が多い空模様ですが、

過ごしやすい気温で穏やかな気分です(^^)

 

登記業務(不動産・会社・法人)の手続き以外にも、

相続(遺産分割・遺言)に関すること業務も行っております。

(業務内容については、

中田司法書士事務所のホームページをご覧ください。)

 

みなさんは『相続』といえば、

何を思いますか???

 

「お金持ちの方の起こる問題」

「テレビドラマのように多額の遺産を巡っての骨肉の争い」と

一般の家庭には関係ないように思いませんか?

実際に起こっている相続トラブルは、

遺産総額5,000万円以下の方、

すなわち大多数の一般家庭で起こり得るといわれています。

 

なぜ、一般家庭の方に相続トラブルか起こるでしょうか?

資産が多い方は、相続税も含め、事前の対策をしています。

ですが、

一般の方は、「大した財産もない」

「うちの家族は仲が良いかた問題なんて起こらない」

「自分の死後のことを考えるなんて・・・」と感じ、

何も事前準備や対策をしていない方がほとんどです。

その結果として

『争続(そうぞく)』を生みだしてしまいます。

「自宅不動産と少しの現預金」の相続が

一番揉めるといわれていますので、

相続対策が必要です!!

 

少しでも相続・贈与対策に不安がある、

何から始めていいのかわからないと感じている方の

お手伝いができればと思っております(^^)

次回から、

「相続に関すること」について詳しくお話しますので、

よろしくお願いいたします(^ ^)/~

 

 

 

 

 

赤いサイロ

昨日はブログをお休みしてしまいました(´・ω・`)

 

平日ではないとできない手続きってありますよね?

今回、実家へ帰省したのは、

行政機関にて変更手続きをするため前乗りしました。

変更手続き完了。

お土産に『赤いサイロ』をGetし、

無事に帰宅しました(*^^*)

お一人様10個までと制限がありましたが、

久しぶりに食べた

地元の味に懐かしさを感じました!

 

全国的に有名になった『赤いサイロ』は

もう召し上がりましたか??

 

本日から

また、お仕事頑張ります٩( ‘ω’ )و

 

 

休日

近所の小学校で

運動会を開催しています(^^)

みんな頑張って(^^)ノ″

 

本日は、実家へ帰省するので

ドライブを楽しみたいと思います♪

日曜日で交通量が多いと思いますので、

みなさんも気を付けてください!

 

久しぶりに両親と夕食を楽しみます♪

みなさんもよい一日をお過ごしください(^_^)/~

不動産の登記簿請求について③

本日はお休みなので、

のんびり過ごしております(^^♪

 

司法書士事務所の多くは、

不動産登記・商業(法人)登記の

登記事項証明書等の請求について、

登記所又は法務局証明サービスセンターの窓口、

郵送でも交付請求できますが、

インターネットを利用して

オンラインにて交付申請をしていると思います。

 

事前に請求手続きをすれば、

時間短縮ができますし、

インターネットバンキングで電子納付した方が、

手数料も安くなります。

 

また、登記情報提供サービスも利用できるので、

請求した時点の登記の内容を確認することができます。

登記所が保有する登記情報と同じ情報で、

「閲覧」と同等のサービスを受けることができます!

(もちろん、手数料はかかります。)

不動産の登記簿請求について②を読んでくださった方なら

気付いていただいたと思います!!

登記事項要約書と同じではないか??と(^^)

(個人的な意見ですが、

登記内容のことだけを言えば、

登記事項要約書より登記事項証明書に等しいと思います。)

 

登記所又は法務局証明サービスセンターの窓口へ行かずに、

登記内容が確認できることをお伝えしました(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ投稿について

Facebookへのブログ投稿について、

不具合が発生しております。

復旧するまでの間、

Facebookへのブログ投稿については

お休みさせていただきますm(_ _)m

 

よろしくお願いいたします。

 

不動産の登記簿請求について②

昨日から雨が降り続いており、

気温も低く、少し肌寒い日となっております。

 

早速、

不動産の登記簿請求について① の続きです!

(↑↑前回のブログです↑↑)

 

登記事項証明書(登記簿謄本)と

登記事項要約書の違いについてお話します。

 

以前まで登記簿謄本と呼ばれていたものが、

『登記事項証明書』と呼び名が変わりました。

登記事項証明書の種類には、

全部事項・謄本、一部事項・妙本、所有者事項証明書などがあり、

登記事項証明書・謄本(土地・建物)が多く請求されます。

登記事項証明書・謄本(土地・建物)には、

不動産の登記内容

  • 表題部
  • 権利部(甲区):所有者に関する事項
  • 権利部(乙区):所有者以外の権利に関する事項
  • 共同担保目録

などの記載がされています。

この不動産登記のすべての内容が記載されている書類には

「全部事項証明書」と記されています。

また、発行年月日と発行法務局名、

登記官の氏名と印が押されているので、

公的な証明書として活用できます。

 

 

登記事項要約書の種類には、

登記事項要約書、登記簿の閲覧、閉鎖登記簿の閲覧などがあり、

 

「登記事項要約書」が多く請求されます。

取得日(請求日)現在の不動産の登記内容のみ

(現在の所有者の情報、現在残っている抵当権の情報)が

記載されています。

自分だけが最新の登記内容を確認するため、

不動産の調査だけが目的のためにと、

情報のみがほしい場合に活用するようです。

また、公的な書類として効力は持っておりません。

 

住宅ローンや融資等の時に金融機関に提出する場合や、

役所での許可や手続きが必要な時の添付書類として提出する場合は、

登記事項証明書(登記簿謄本)をご請求ください!

 

最後まで読んできただき、ありがとうございます(^_^)/~

 

不動産の登記簿請求について①

本日は曇り空ではありますが、

張り切っていきます٩( ‘ω’ )و

 

ところで

みなさんは、

不動産の登記簿を請求したことはありますか?

 

不動産登記は,

わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、

所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、

これを一般公開することにより、

権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、

取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。

 

よって、

だれでも

登記事項証明書(登記事項の全部又は一部を証明した書面)の

交付を受けることができます。

また、

だれでも

登記事項要約書(登記事項の概要を記載した書面)の

交付を受けることができます。

 

不動産購入の前には、

現地を確認するほか、

登記事項証明書等を取得して、

面積・所有者の確認・差押・抵当権の有無などを調査ができます。

 

次回は

登記事項証明書(登記簿謄本)と

登記事項要約書のどちらを請求するればいいのか、

2つの違いについてお話します!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^_^)/~

登記業務について③

本日も暑くなりそうです(^^)

 

登記業務のひとつ、

商業(法人)登記についてお話します!

 

商業登記・・・商売を目的とする会社の登記

(株式会社、合同会社などの会社)

法人登記・・・商売が主目的ではない会社の登記

(一般社財団法人、一般財団法人、NPO法人、

医療法人、学校法人など)

 

会社は登記することによって

はじめて会社となります。

以後、変更が生じればその変更登記を行ないます。

(取締役の退任・就任、役員変更、商号・目的の変更、本店移転など)

原則として2週間以内に変更登記を申請する必要があります!

 

一般的な会社設立(株式会社)の商業(法人)登記の流れについてです。

1.発起人、役員、業務内容、資本金等の確認、

2.定款内容の確定

(1の内容に沿ったものをご提案いたします)

3.会社印鑑の準備

(今後、銀行口座開設、不動産売買など使用するため、

登記申請と同時に印鑑届出書、印鑑証明書交付申請書、

印鑑カード交付申請書を提出します)

4.資本金の振込

5.公証役場にて定款認証

6.法務局へ登記申請 (登記申請日が設立日になります)

7.登記完了し、「履歴事項全部証明書」お渡しします。

 

会社設立の登記では、

お客様ご本人に印鑑証明書、

会社印鑑、資本金の振込などの準備をしていただきます。

設立準備でお忙しいところでしょうが、

みなさまのお手伝いができればうれしいいなと

思っております(^_^)/~

 

 

 

 

 

本日も天気がよく、

気持ちいい一日の始まりです!

 

友人との電話で感じたことがありました。

声のトーンが低かったようで、

「興味ない話だった?」と

相手に不快な思いをさせてしまいました。

 

電話では互いの顔が見えない分、

声を調子で、

どんな様子なのか

想像しながらお話しますよね?

事務所の電話の時も、

元気で、明るい印象を持っていただけるような

対応を心掛けたいです(*^_^*)

 

メールやLINEばかりではなく、

人と会う、会話をすることは大切だなと感じ、

相手を敬う気持ちを忘れずに過ごしたいです(^ ^)/~